次世代ナノ統合                           シミュレーションソフトウェアの研究開発
次世代ナノ統合                           シミュレーションソフトウェアの研究開発
トップページ
次世代スーパーコンピュータプロジェクト ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点 物性科学WG・分子科学WG合同研究会 燃料電池 No.5
  日 時:2011年12月26日(月)-27日(火)   場 所:兵庫県立大学ポートアイランドキャンパス(計算科学センタービル5階)       (計算科学センタービル 7階 大講義室)※会場が変更となりました、ご注意下さい。       http://www.ai.u-hyogo.ac.jp/access/index.html   主 催:次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発   共 催:日本表面科学会電極表面部会       (独)物質・材料研究機構 ナノ材料科学環境拠点       計算物質科学イニシアティブ(CMSI)   参加費:無 料   ※研究会は終了致しました。多くの方のご参加を頂き、ありがとうございました。
<プログラム>
1日目:12月26日(月) 13:30-13:40 兵頭志明(兵庫県立大)       「第5回開催にあたって」 13:40-14:10 大野隆央(物材機構)       「エネルギー変換材料開発における計算科学研究」 14:10-14:50 増田卓也、府金慶介、戸ケ崎寛孝、松村大樹、田村和久、        ○森 利之、西畑 保雄、魚崎浩平(物材機構)       「その場XAFS観察手法を活用した燃料電池用電極材料設計」 14:50-15:00  休憩 15:00-15:40 Donald A. Tryk(山梨大)       「Summary of recent progress in DFT simulations of fuel cell reactions」 15:40-16:20 牛山 浩(東大)       「プロトン透過膜における高速プロトン伝導現象の解明」 16:20-16:30  休憩 16:30-17:00 武次徹也(北大)       「貴金属フリー酸素還元触媒への量子化学的アプローチ」 17:00-17:40 中井浩巳(早大)       「表面反応系に対する量子化学計算の最近の発展(その2)」 17:50-     休憩・移動 18:30-    懇親会 2日目:12月27日(火) 9:30-10:10 館山佳尚(物材機構MANA)       「TiO2/溶液界面の界面構造・電子状態:光触媒・        色素増感太陽電池の微視的機構解明に向けて」 10:10-10:50 八木一三(FC-Cubic、北大触セ)       「表面増強振動分光法による酸素還元反応機構に関する研究」 10:50-11:00  休憩 11:00-11:40 杉野 修(東大)       「酸化白金の触媒機能に関して」 11:40-12:20 総合討論        魚崎浩平(物材機構) まとめ  <お問い合わせ先> ナノ統合拠点事務局 nanogc1@nanogc.ims.ac.jp ※アドレス中の「@」は、半角にしてお送り下さい。 ・本連続研究会は、「次世代スーパーコンピュータプロジェクト」の 一環として行われます。

前へ先頭へトップページ

分子研マーク 分子科学研究所
次世代スーパーコンピュータプロジェクト ナノ統合拠点事務局
*このページ内の著作権はすべて分子科学研究所に属します。無断転載等は一切お断りいたします。