次世代ナノ統合                           シミュレーションソフトウェアの研究開発
次世代ナノ統合                           シミュレーションソフトウェアの研究開発
トップページ

中核アプリケーション

アプリケーション一覧

氏名 所属 アプリケーション名 概要
中核アプリケーションの研究開発
押山 淳 東京大学 実空間第一原理
ナノ物質シミュレータ
次世代超並列アーキテクチャ計算機上でパフォーマンスを発揮する、大規模原子群の電子状態量子論的計算のための、実空間差分法に基づく密度汎関数法計算アプリケーション。 特徴的な長さスケールが数ナノメートル以下の原子群の原子構造・電子状態の量子論的計算が可能である。
遠山 貴己 京都大学 動的密度行列
繰り込み群法
電子の強い相関効果に起因する光照射量子現象を解明するため、動的に拡張された密度行列繰り込み群法を用いて低次元強相関電子系の線形および非線形光学応答感受率の並列計算を実行する。 また光照射により作られた励起状態の時間発展を同手法で計算し、その緩和過程のシミュレーションを行う。
藤堂 眞治 東京大学 大規模並列量子
モンテカルロ法
ナノ磁性体などの量子格子模型のシミュレーションのための量子モンテカルロ法のアプリケーションパッケージ。 手法としては並列化された連続虚時間ループクラスターアルゴリズムを用いている。 必要に応じて、厳密対角化法などの他の手法を用いることも可能。格子構造、相互作用などは XML を用いて柔軟に指定できる。
岡崎 進 名古屋大学 高並列汎用分子動力学
シミュレーションソフト
任意の分子集合体に対する高並列汎用分子動力学シミュレーションソフトである。 長距離力を含めてナノ分野、バイオ分野における分子動力学計算に必要な計算手法のほとんどを備えている。 NANO-IGNITIONと連携。 10万〜100万、また1000万原子系の巨大システムや自由エネルギー計算にも対応している。
平田 文男 分子科学研究所 RISM/3D-RISM 液体の統計力学理論に基づき蛋白質などナノ分子の水和構造や水和自由エネルギーを計算するプログラム。 分布関数(相関関数)に関する積分方程式を解くために、フーリエ変換を多用する。 そのため、高速フーリエ変換(FFT)の速度が重要である。
永瀬 茂 分子科学研究所 高速量子化学計算ソフト 高速化した電子相関計算プログラムにより、ab initio分子軌道法の高速・高精度計算が可能であると同時に、フラグメント分子軌道(FMO)法プログラムによる大規模分子・分子集合系の計算が可能である。 これらのプログラムは、アイオワ州立大学のM.S.Gordon教授グループが開発・公開しているGAMESSに組み込んで公開している。
北浦 和夫 産業技術
総合研究所
佐藤 三久 筑波大学 中核アプリケーションの大規模並列化支援 中核アプリケーションの並列性ならびに性能を評価・解析し、次世代スパコンでの実行を前提とした、並列数値アルゴリズム・モデルの見直しを含む大規模並列化について、検討・支援を行う。

※各ソフトウェアについての詳しい一覧はこちらから、またPDF形式(169KB)でもご覧頂く事が出来ます。
※各ソフトウェアの詳細は、ナノ統合アプリケーションポータル『PAL』にも今後登録される予定です。

前へ先頭へトップページ

分子研マーク 分子科学研究所
次世代スーパーコンピュータプロジェクト ナノ統合拠点事務局
*このページ内の著作権はすべて分子科学研究所に属します。無断転載等は一切お断りいたします。